ローカル線の風情と景色

花車

 

☆ 心に残るローカル線の旅 ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


ローカル線でゆっくり旅

ローカル線には普段利用している通勤電車では決して味わうことの
できない独特の風情と景色がありますね。北は北海道から南は九州
まで各路線のローカル線があり、山あいを走る山岳鉄道や年代物の
車両などを走らせている地域もあります。

 

古びた駅舎、古き良き日本が残る沿線風景など、郷愁を誘う魅力
いっぱいのローカル線も、まだまだたくさん残っています。

 

日本最北端路線北海道のローカル線といえば、宗谷本線でしょう。
宗谷本線は旭川、稚内を走る全長259.4kmのローカル線です。

 

また、釧網本線は、網走、東釧路を走る北海道をもっとも誇るローカル線
で、全長166.2km。北海道の四季折々の絶景を楽しむことができます。
トロッコ列車『ノロッコ号』で釧網本線をゆっくりと渡る旅も魅力的です。

 

夏はハマナスなどの花が咲き乱れる原生花園、ハマナス
オホーツク海の浜まで20mという近さにある北浜、
冬に白鳥が飛来する濤沸(とうふつ)湖など、
北海道の大自然を凝縮したような魅力あふれる
場所を巡る路線です。

 

そして冬には、北海道の冬の風物詩『三白』と呼ばれているタンチョウヅル、
オオハクチョウ、流氷がこの釧網本線の車窓からすべて鑑賞できます。