千葉の銚子電鉄で

花車

 

☆ 心に残るローカル線の旅 ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


千葉の銚電

千葉の銚子電鉄は、銚電とよばれ親しまれているローカル私鉄です。
総武本線の終点銚子からその先端にある犬吠埼を巡り、漁港のある
外川まで6.4kmの道のりを19分かけてのんびりと走っています。

 

銚子電鉄は1998年6月に何億もの負債を抱え込んだため、自己破産
申請を行い事実上倒産。当時テレビなどでも大きく取り上げられましたが、
元社長の業務上横領が発覚したことで、千葉県と銚子市から鉄道会社
への補助金を停止され、それが鉄道経営悪化を招いたのです。

 

ぬれ煎餅
そこで各方面へ資金不足への支援を呼びかけ、
地元の人たちや多くの銚子鉄道ファン、サポーター
により、復活存続を果たすことができました。
銚子名物の「ぬれ煎餅」などの売り上げも、
鉄道事業の赤字を補うまでになっています。

 

 

銚子観光の魅力は、なんといっても豪快な海岸線の美しさでしょう。
そして、空気のおいしさやおいしい新鮮な魚が食べられること、また、
観光地ずれしていない素朴さなどですね。

 

利根川が太平洋に注ぐ河口のあるこの街は、豊富な水揚げを誇る漁港と
魚市場、特産品の醤油工場、犬吠埼灯台など観光名所が盛りだくさん。

 

銚子の観光名所の中から青い海と白亜の灯台が印象に残る犬吠埼へ、
銚子電気鉄道に乗ってあちこち寄り道をするのもいいかもしれません。
銚子駅から徒歩7分の所にはヤマサ醤油の工場があり、事前に申し
込みをしておけば、工場見学もできるそうです。