中国地方のローカル線

花車

 

☆ 心に残るローカル線の旅 ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


中国地方のローカル線の魅力

ローカル線の中には、観光地の鉄道として知られているものも多く
あり、日常的な通勤電車とは違った風情と情緒を味わうことができます。

 

ところが地方の私鉄では輸送人員の少ない路線が大部分を占めていて、
他の事業で、鉄道事業を穴埋めする場合もあります。今や、全国的に
ローカル線の存続や効率化が課題となっているようです。

 

実際、中国地方でも可部線の可部―三段峡間のローカル線が廃止されました。
また、「路面電車」もローカル線に含まれていますが、吉備線(岡山県)と
富山港線(富山県)では、環境の変化などで鉄道の特性が発揮できないと
いう理由により、代替輸送機関のほうが効率的と判断されれば、廃止に
なることもありえるといわれています。

 

そんな中、島根県の「木次線(きすきせん)」は「三江線(さんこうせん)」に
並ぶ、横綱ローカル線といわれています。松江から木次へ行くと、そこから
「奥出雲トロッコ号」に乗ることができます。この二両編成のトロッコ号
「おろち号」は、青い宍道湖南に沿って走っています。

 

赤瓦では杉の巨木からつくられている「布袋様」が有名で、おなかを
なでると金運に恵まれるといわれています。これ、宝くじを買う前に
是非なでておきたいですよね!

 

あと、有名で大人気なのが、出雲坂根駅(いずもさかねえき)ホームに
湧き出る「延命水」。名水100選に選ばれたこの延命の水は、少々
列を並ばないと、飲めないお水だそうです。

 

 

 

観光スポットのひとつには、車もこの高さを登るのは大変、というくらいに
もうけられているループ橋もあり、出雲神話に出てくる「ヤマタノオロチ」
のイメージから 「おろちループ」と呼ばれています。