ローカル線でひとり旅

花車

 

☆ 心に残るローカル線の旅 ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


ローカル線でのんびりと行くひとり旅

ローカル線でのんびりと行くひとり旅には、駅前旅館がおすすめです。
豪華な夕食も露天風呂もありませんが、1泊2食付で6000円前後という
値段設定は魅力。そして、どこか懐かしく心が安らぐところがあります。

 

ローカル線の列車の本数は少なく速度も遅く、単線のために反対方向
の列車待ちで長時間停車することもあります。その空間にはその土地
の人たちと方言でふれ合い、人情にふれることができる温かさがあります。

 

忙しい現代からタイムスリップしたような感覚に出会える旅。そんな
郷愁あふれる体験も、自由なのんびり旅行の醍醐味といえるでしょう。

 

オススメのひとつは、北海道の釧網本線(せんもうほんせん)。道東の
釧路から網走をつなぐローカル線です。この路線は釧路湿原、屈斜路湖や
摩周湖の湖のふもと、川湯温泉、秘境知床半島の入り口である斜里を通り、
四季折々に満喫できる魅力多いローカル線ですね。

 

釧網本線

 

 

ローカル線特有の1両編成の列車は、特急列車のように整然としていな
くて、どことなく生活臭を感じるところも心がなごむ理由かもしれません。