関東地方のローカル線

花車

 

☆ 心に残るローカル線の旅 ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


無人駅も多い千葉県の小湊鉄道

関東地方の鉄道会社の中で最も広範囲に列車を運行しているところといえば、
南は千葉県船橋市、そして、北は栃木県日光市と東京、千葉、埼玉、栃木、
群馬と1都4県にまたがっている「東武鉄道」です。

 

その距離は463キロもあり、これはJRを除けば、近鉄、名鉄に続く第3位の
営業距離になります。その中のひとつである千葉県内のローカル線の小湊鉄道
は、東京から約1時間ほどのJR内房線の五井駅から出ています。20〜40分に
1本運行され、終点の上総中野駅までは、およそ1時間10分ほどで到着します。

 

その間に18の駅がありますが、ここでは無人駅が多く、車掌さんが改札もして
いるんです。緑豊かな田園と美しい渓谷を眺めることのできるローカル線です。

 

出発地点の五井駅周辺は住宅街になっていますが、12階立てのサンプラザ
市原のビルがそびえていたり、展望レストランもあってローカル線のイメージとは
かけ離れたちょっと都会的な雰囲気ですね。

 

この賑やかなJRのホームに並んで、ディーゼル列車が停車しているところに
ちょっと風情を感じたりもするわけですが、隣りの上総村上駅からは、さっそく
ゆったりとローカルな雰囲気を味わえると思います。

 

高滝駅から歩いて10分ほどの所には千葉県最大の高滝ダムがあります。
3時間ほどでダムを一周できるハイキングコースもあって、房総内陸部では
養老渓谷は最大の観光スポットになっています。

 

この駅止まりの列車も多く、駅前には、お店が数軒あるだけですが、この沿線
では大きな街なのです。無人駅の多い小湊鉄道では、乗務員の交代や休憩
等に利用されているのどかで安らげる場所です。