ローカル線の人気ランキング

花車

 

☆ 心に残るローカル線の旅 ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


ローカル線 人気ランキング!

ローカル線の人気ランキングって、どうなっているんでしょう。
ランキング1位は、五能線で、青森県と秋田県の日本海側を走る
ローカル線です。海沿いの美しい景観が魅力!沿線の白神山地
が世界自然遺産に登録されたため、さらに人気が高くなりました。

 

人気第二位の只見線は、新潟県と福島県を結ぶ秘境を走る路線と
して、関東などからたくさんの鉄道ファンが集います。この沿線は
降雪量が多く、一部区間で冬季は運休になります。しかし夏には
臨時列車も運行されたりして、車窓を楽しむ人々でにぎわいます。

 

ローカル線の人気ランキング第3位は、日本の最北端を目指す
宗谷本線です。旭川を起点に稚内まで北上する日本最北端の路線
で、北海道の広大な大自然を堪能できる魅力あふれる路線ですね。

 

4位にランキングされてるのは釧網本線で、最も風景が美しいのが
このローカル線といえるでしょう。釧網本線は、2つの国立公園
(釧路湿原国立公園、阿寒国立公園)と、さらに網走国定公園の中を
走っています。国立公園の中を走る路線は他にもいくつかありますが、
2つもの国立公園の中を走るのはこの路線だけです。

 

5位の小海線(こうみせん)は、山梨県北杜市の小淵沢駅から長野県
小諸市の小諸駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線。
八ヶ岳高原線の愛称で親しまれているローカル線です。

 

清里駅と野辺山駅の間には、標高1,375mというJR線最高地点が
あり、駅として一番高いところにあるのは野辺山駅で、標高1,345mです。
清里駅は駅周辺の雰囲気もかわいらしくノスタルジックで、ここの
駅に降りるとなぜか懐かしさがこみあげてきてしまいます。