東北のローカル線

花車

 

☆ 心に残るローカル線の旅 ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


東北のローカル線の代表といえば

東北のローカル線の代表といえば、青森県の津軽鉄道でしょう。
猛吹雪の中を走り抜けるストーブ列車は、津軽平野のほぼ中央、
津軽五所川原駅と津軽中里駅間20.7kmを結ぶ津軽鉄道です。

 

この鉄道は地域密着のローカル線ですが、「だるまストーブ」で
全国的にも人気が集まっていますね。石炭の黒い煙をたなびかせ
ながら津軽五所川原駅ー津軽中里駅間を1日2往復しています。

 

また岩手県JR東日本花輪線盛岡市玉山(旧玉山村)の好摩駅と、
秋田県大館市の大館駅を結ぶ全長106.9kmの路線では、
八戸新幹線開通に伴って盛岡以北の東北本線が分離しました。

 

岩手銀河鉄道盛岡駅ー大館駅間の通し運転が基本。快速「八幡平」
が1日1往復する以外は普通列車ばかりです。沿線には八幡平、
安比高原、湯瀬温泉など岩手・秋田を代表する観光地があって、
車窓からは盛岡ー平舘間のいたるところから望むことができます。

 

岩手山の姿をはじめ、新緑、紅葉、田園地帯、渓谷と四季の変化
に富んだ美しい景色を堪能できます。そして秋田県の由利高原
鉄道「鳥海山ろく線」へと入ってきます。

 

旧国鉄矢島線は赤字廃止選定廃止線の対象に。しかし、鉄道と
しては秋田県内初の第三セクター方式によって昭和60年10月、
由利高原鉄道株式会社「鳥海山ろく線」として営業を開始しました。

 

現在JR羽後本荘駅と矢島駅間全長区間に12の駅があり、
車窓から望む東北第2の霊峰鳥海山(2,236m)の勇姿、
広大な田園風景が見どころです。